トマトバルクの三角筋

世界じゃそれを愛と呼ぶんだぜ

マンタインサーフで楽々50BP稼ぐコツ

どうも、こんにちは、にんぜんです。

これまで本ROMとして使ってたTNもっちーだのROMをリセットして新しくTNチンなかむらのROMを作りました。道具は全て時空の狭間に置き忘れたのでBPを稼ごうとマンタインサーフに耽っていました。耽ってるうちに、20万ポイント取れるほどではないけど50BPは毎回稼げるくらいのコツを掴んだので記事にしてみようと思います。マンタインサーフのコツみたいな記事やら動画やらはたくさんあると思いますが、なるたけ分かりやすく書きます。

f:id:ninzen1031:20181014183917j:image

楽々50BP稼ぐとして、ハイパーランクであること(ウラウラ島出発)と、オーバーザギャラドス解禁済みであること(4つのビーチで最高ポイントを取る)を前提条件にします。

 

 

1.全体の流れ

サーフが始まったら、

波が低い時→アシレーヌ(下下下)+スターミー(右左上下)

波が高い時→ランターン(上下上)+スターミー(右左上下)

を繰り返します。だいたい1回のジャンプで5500ポイントを超えるのを目標にやるといいと思います。毎回5500ポイントを超えてれば50BP貰えるくらいのポイントは取れます。

これは経験でわかっていることなのですが、技のポイントはひとつ前のジャンプのポイントに応じて上がったり下がったりします(多分)。なので高いポイントが出たジャンプの次のジャンプはポケモンが高かったりします。

アシレーヌ+スターミーとランターン+スターミーの繰り返しだけでは50BPは貰えません。1回のサーフ中に1回だけ使える、コイキングスペシャル(存在しないコマンドを4つ入力)とオーバーザギャラドス(時計or反時計回りに順番に4方向にコマンド)という技があります。どちらも高ポイントが出やすい技なので失敗したくないところですね。上記の通り、技のポイントはひとつ前のジャンプのポイントに応じて上がったり下がったりするので、アシレーヌ+スターミーとランターン+スターミーを繰り返している中でポイントが高かった(6100ポイントくらいが目安)ジャンプの次にアシレーヌ(波が低い時)orランターン(波が高い時)+コイキングを決めます。だいたい7700ポイントくらい取れれば良いです。8000行けば万々歳。しかしここで気を抜いてはならず、その次のジャンプでアシレーヌ(波が低い時)orランターン(波が高い時)+ギャラドスを決めます。それがだいたい20000ポイント取れると嬉しいです。正直ギャラドスで18000ポイントくらい取れば50BPは貰えます。ギャラドスを決めた次のジャンプからはまたアシレーヌ+スターミーとランターン+スターミーの繰り返しを最後まで続けます。これでサメハダーに1.2回くらいぶつかっても50BP貰えると思います。あとは後に説明するコマンド入力のタイミングを上手くやれば確実なものになっていくと思います。全体の流れをおおまかにまとめるとこんな感じです(アシレーヌランターンは省略)。

開始

アシターン+スターミー

アシターン+スターミー

・・・

アシターン+スターミー(6100が目安)

アシターン+コイキング(7700が目安)

アシターン+ギャラドス(20000で万歳)

アシターン+スターミー

・・・

アシターン+スターミー

アシターン+スターミー

終了

と、いった感じにやっていけば、慣れもあると思いますが毎回50BP稼ぐくらいのポイントは取れます。

 

 

2.コマンド入力のタイミング

f:id:ninzen1031:20181014183836j:image

マンタインに乗った主人公が回転すると、その周りに輪っかのようなものが出ます(画像の赤い線参照)。この輪っかがちょうど主人公の頭くらいの大きさになった瞬間にコマンドを入力するとポイントが高くなりやすいです。完全に経験則ですがだいたいこんなもんでした。

 

f:id:ninzen1031:20181014183850j:image

もっと細かく言うと、ジャンプを始めようと波から飛び出した瞬間にもこの輪っかは現れます(画像の赤い線参照)。これも同じように、主人公の顔くらいの大きさになった瞬間にコマンドを入力入力します。先述した全体の流れ+このコマンド入力のタイミングを意識しながらやるとポイントが稼ぎやすいです。

ひとつ注意として、アシターン+ギャラドスの際にコマンド入力のタイミングを上手くやろうとすると時間が足りません。上手く着水できずに着水ボーナスが貰えないのはおろか立て直すのに時間がかかって大きなタイムロスになります。なので、アシターン+ギャラドスの際はタイミングは気にせずに急いでコマンド入力しましょう。20000ポイント取るのは難しくなりますが50BPは確実になります。

 

 

3.おわり

僕が普段意識してることはこれくらいです。これでいつも50BPは簡単に稼げます。高ポイントを目指すならもっと上手い方法がありそうですが、50BP稼ぐのを目的にするならこれくらいで充分だと思います。ハイパーランクマンタインサーフはだいたい1回5.6分くらいなので5.6分で50BP(ポイア1つ)が稼げると思えば悪い話ではないと思います。拙い文章でしたがここまで呼んでくださいありがとうございました。何か誤字脱字質問意見文句悪口等があればTwitterにて@ninzen_daisukoまでどうぞ。

仲間大会「第1回マゾラッシュ!! ~しゅらいす杯~」

f:id:ninzen1031:20181014124958j:image

 みなさん、ごきげんよう。にんぜんです。

気が付けばもう秋真っ只中。ポケモン新作のLet's Go!発売ももう1ヵ月後に迫りましたね。7世代のレート環境はまだあと1年続きますが、一応新しい世代の幕開けが近いということで何か事を起こしたいと思いました。と、いうことで今回、しゅらむ (@Schlamm3358)と一緒に仲間大会を開きます。題して「第1回マゾラッシュ!! ~しゅらいす杯~」。マゾラッシュという名前は今大会のコンセプトによるものであり、別の仲間大会等とは無関係です。もし怒られたら素直に謝ります。若気を至らせます。そして僕が前に開いた仲間大会の「スライス杯」としゅらむの名前からしゅらいす杯というサブタイトル(?)になりました。そこそこ面白いと思います。仲間大会をきっかけに仲良くしだした、なんてこともあるので沢山の方が参加してくれると嬉しいです。

余談になりますが、このサムネは昨日の夜にニヤニヤしながら作りました。オムナイトを喰らうペッリブーンはある種恐怖画像ですが、わりと自信のある感じに仕上がったので今もニヤニヤしてます。

 

 

 

1.ルール

「マゾラッシュ!!」のマゾはマゾヒズムに由来します。要するにドMですね。僕としゅらむの好きなポケモンペリッパーラグラージカミツルギナットレイオムナイトマッシブーンアクジキングなど4倍弱点を持つポケモンが多かったので、今回のルールは「4倍弱点を持つポケモンのみ使用可能」となりました。他はレーティングバトル準拠です。分かりやすいように使用可能ポケモンの中の最終進化系をまとめました。パーティーを作る際に参考までにどうぞ。

 

・使用可能ポケモン一覧(最終進化系とオムナイトのみ)

f:id:ninzen1031:20181014132635p:plainf:id:ninzen1031:20181014132700p:plainf:id:ninzen1031:20181014132703p:plainf:id:ninzen1031:20181014132708p:plainf:id:ninzen1031:20181014132712p:plainf:id:ninzen1031:20181014132719p:plainf:id:ninzen1031:20181014132723p:plainf:id:ninzen1031:20181014132728p:plainf:id:ninzen1031:20181014132732p:plainf:id:ninzen1031:20181014132736p:plainf:id:ninzen1031:20181014132739p:plainf:id:ninzen1031:20181014132743p:plainf:id:ninzen1031:20181014132745p:plainf:id:ninzen1031:20181014132749p:plainf:id:ninzen1031:20181014132752p:plainf:id:ninzen1031:20181014132755p:plainf:id:ninzen1031:20181014132759p:plainf:id:ninzen1031:20181014132804p:plainf:id:ninzen1031:20181014132810p:plainf:id:ninzen1031:20181014132816p:plainf:id:ninzen1031:20181014132820p:plainf:id:ninzen1031:20181014132825p:plainf:id:ninzen1031:20181014132828p:plainf:id:ninzen1031:20181014132831p:plainf:id:ninzen1031:20181014132835p:plainf:id:ninzen1031:20181014132838p:plainf:id:ninzen1031:20181014132842p:plainf:id:ninzen1031:20181014132849p:plainf:id:ninzen1031:20181014132857p:plainf:id:ninzen1031:20181014132904p:plainf:id:ninzen1031:20181014132912p:plainf:id:ninzen1031:20181014133722p:plainf:id:ninzen1031:20181014132915p:plainf:id:ninzen1031:20181014132917p:plainf:id:ninzen1031:20181014132923p:plainf:id:ninzen1031:20181014132932p:plainf:id:ninzen1031:20181014132940p:plainf:id:ninzen1031:20181014132948p:plainf:id:ninzen1031:20181014132955p:plainf:id:ninzen1031:20181014133001p:plainf:id:ninzen1031:20181014133018p:plainf:id:ninzen1031:20181014133028p:plainf:id:ninzen1031:20181014133035p:plainf:id:ninzen1031:20181014133050p:plainf:id:ninzen1031:20181014133057p:plainf:id:ninzen1031:20181014133105p:plainf:id:ninzen1031:20181014133113p:plainf:id:ninzen1031:20181014133116p:plainf:id:ninzen1031:20181014133120p:plainf:id:ninzen1031:20181014133123p:plainf:id:ninzen1031:20181014133127p:plainf:id:ninzen1031:20181014133131p:plainf:id:ninzen1031:20181014133135p:plainf:id:ninzen1031:20181014133139p:plainf:id:ninzen1031:20181014133142p:plainf:id:ninzen1031:20181014133145p:plainf:id:ninzen1031:20181014133149p:plainf:id:ninzen1031:20181014133153p:plainf:id:ninzen1031:20181014133158p:plainf:id:ninzen1031:20181014133203p:plainf:id:ninzen1031:20181014133206p:plainf:id:ninzen1031:20181014133211p:plainf:id:ninzen1031:20181014133215p:plainf:id:ninzen1031:20181014133221p:plainf:id:ninzen1031:20181014133224p:plainf:id:ninzen1031:20181014133228p:plainf:id:ninzen1031:20181014133233p:plainf:id:ninzen1031:20181014133239p:plainf:id:ninzen1031:20181014133242p:plainf:id:ninzen1031:20181014133247p:plainf:id:ninzen1031:20181014133250p:plainf:id:ninzen1031:20181014133255p:plainf:id:ninzen1031:20181014133301p:plainf:id:ninzen1031:20181014133307p:plainf:id:ninzen1031:20181014133313p:plainf:id:ninzen1031:20181014133316p:plainf:id:ninzen1031:20181014133320p:plainf:id:ninzen1031:20181014133329p:plainf:id:ninzen1031:20181014133334p:plainf:id:ninzen1031:20181014133341p:plainf:id:ninzen1031:20181014133344p:plainf:id:ninzen1031:20181014133350p:plainf:id:ninzen1031:20181014133353p:plainf:id:ninzen1031:20181014133358p:plainf:id:ninzen1031:20181014133405p:plainf:id:ninzen1031:20181014133412p:plainf:id:ninzen1031:20181014133416p:plainf:id:ninzen1031:20181014133423p:plainf:id:ninzen1031:20181014133428p:plainf:id:ninzen1031:20181014133434p:plainf:id:ninzen1031:20181014133438p:plainf:id:ninzen1031:20181014133445p:plainf:id:ninzen1031:20181014133448p:plainf:id:ninzen1031:20181014133452p:plainf:id:ninzen1031:20181014133456p:plainf:id:ninzen1031:20181014133459p:plainf:id:ninzen1031:20181014133504p:plainf:id:ninzen1031:20181014133507p:plainf:id:ninzen1031:20181014133510p:plainf:id:ninzen1031:20181014133514p:plainf:id:ninzen1031:20181014133517p:plainf:id:ninzen1031:20181014133520p:plainf:id:ninzen1031:20181014133523p:plainf:id:ninzen1031:20181014133526p:plainf:id:ninzen1031:20181014133530p:plain

ゲッコウガミミッキュバシャーモがいないと、普段使わないようなポケモンも採用できそうでうれしいですね。とはいえボーマンダギャラドスカミツルギなどの強力なポケモンもいるので気は抜けませんね。

 

メガシンカによるタイプ変化について

メガシンカ前とメガシンカ後どちらもに4倍弱点がある場合使用可能」とします。f:id:ninzen1031:20181014154939j:image

例えばリザードンメガリザードンYは岩4倍なので使用可能ですが、メガリザードンXは4倍弱点が無いので使用不可です。つまりこの仲間大会で使用可能なリザードンはメガ無しorYということになります。リザードン検定の廃止です。f:id:ninzen1031:20181014154942j:image

それからチルタリスギャラドスのように、メガシンカ前に4倍弱点を持つもののメガシンカ後は4倍弱点が無くなるようなポケモンメガシンカさせて使うのは不可、メガシンカさせずに使うのは可能とします。

そしてカイロスジュカインのように、メガシンカ前は4倍弱点が無いがメガシンカ後には4倍弱点を持つポケモンたとえメガシンカさせて使うとしても使用不可とします。

 

・特性について

特性で4倍弱点 が消えるポケモン、具体的にはヒートロトムだけですが今回は使用不可とします。運営の気まぐれです。異論は認めますが使用は認めません。

 

・持ち物について

当初、地面4倍弱点のポケモンに風船を持たせることや4倍弱点を防ぐ半減実を持たせることも禁止にしようかとも思っていたのですが、そこまで規制してもつまらないだろうということで持ち物には特に規定はありません

 

 

2.開催日時

11月3日(土) 20:00~23:59

人が集まりやすい土曜の夜です。今から3週間空いてるので、準備の時間がないようなことは起こらないと思ってます。ポケモンの用意はお早めに。

 

 

3.景品

1位 お好みの色違いポケモン(にんぜん産、孵化できるポケモンのみ)

2位 控えめ色違いジャラランガ(しゅらむ産)

3位 お好みのポケモンの理想個体

 

 

4.その他

・節度を守る。故意の切断や改造産のポケモンの使用は禁止。

・当日、ツイキャス等での配信はご自由に。

・にんぜんさんが前のスライス杯の景品をまだ渡していないことには目を瞑る。気にしてはいけません。定期的に質問箱にスライス杯の詳細の催促が来るけど真顔でスルーしてるのごめんなさい。「景品を渡していない」ではなく「”まだ”景品を渡していない」です。必死で草。

・後はもろもろ、重ねて言うように節度やマナーを守って楽しく仲間大会をしましょう。

 

 

拙い文章ですがここまで読んでくださりありがとうございます。もし何かわからないことや、質問意見提案文句悪口などがあればにんぜん🥕 (@ninzen_daisuko)までどうぞ。ではでは。

アクジキング単体考察 『それ、サザンでよくない?言われ続けたその先へ』

f:id:ninzen1031:20180902220532j:image

こんにちは、にんぜんです。

アクジキングの型を考えていたら夏が終わりました。

日本での最高気温を更新した今年の夏の残り香を味わうアクジキング単体考察です。

 

 

諸注意

・ブログ内でのPGLのデータは書込み時のものになります。

・ブログ内でのダメージ計算は、ポケモントレーナー天国(https://pokemon-trainer.net/sm/dmcs/)を使用しています。

・わかるとは思いますが、ステータスはHABCDSで略してます。

・実際にこのアクジキングを育成してレート対戦で使用し、レートが下がったとしても僕は責任を取りません。使いこなせないあなt

 

育成個体

f:id:ninzen1031:20180902215213g:plain

性格:穏やか

努力値:12-0-12-0-252-228 (余り6)

実数値:300-×-75-114-115-92 (C個体値24or25)

技構成:悪の波動f:id:ninzen1031:20180902215351p:plain 火炎放射f:id:ninzen1031:20180902215513p:plain 毒々f:id:ninzen1031:20180902215527p:plain 身代わりf:id:ninzen1031:20180902215532p:plain

持ち物:マゴの実f:id:ninzen1031:20180902215537p:plain

 

努力値調整

HP:実数値4nで最小(身代わり3回で木の実を食べる)

B:余り

C:ビーストブーストでDを上げるために個体値調整

D:ぶっぱ(Cをなるべく高く保つため)

S:4振り70族抜き

 

考察

7世代に入りもうすぐ2年。7世代当初から今なお環境に多いフェアリータイプのポケモン

f:id:ninzen1031:20180902215158p:plainf:id:ninzen1031:20180902215155p:plainf:id:ninzen1031:20180902215113p:plainf:id:ninzen1031:20180902215201p:plainf:id:ninzen1031:20180902215206p:plainf:id:ninzen1031:20180902215137p:plain
そんなフェアリー環境に一矢報いるために増加する、フェアリーキラーのはがねタイプのポケモン

 f:id:ninzen1031:20180902215131p:plainf:id:ninzen1031:20180902215123p:plainf:id:ninzen1031:20180902215127p:plainf:id:ninzen1031:20180902215209p:plainf:id:ninzen1031:20180902215109p:plainf:id:ninzen1031:20180902215102p:plain
今回のアクジキングは、そんなはがねタイプの多くのポケモンをメタった型になります。なので、PTを組む際にはフェアリータイプのポケモンと一緒に採用して、受けに来たはがねタイプを倒しましょう。

・対はがね性能について

上記のはがねポケモン達に共通して言えることは、「中低速&主なダメージソースがスリップダメージ」ということですコイル以外テッカグヤナットレイに関しては言うまでもありませんが、ギルガルドヒードランも毒々の採用率は高めです(ガルド42.0%、ドラン41.6%)。ちなみにガルドもドランも、持ち物の採用率1位は食べ残しです(ガルド33.0%、ドラン36.4%)。そんななか変化技にささる技がそう、身代わりです。ですが難点があり、アクジキングの43というS種族値は身代わりを貼るには遅すぎるということです。いくら身代わりで毒々を透かそうとも、上から毒々を撃たれてしまっては意味がありません。なので今回の型はSにかなり多く努力値を振るかたちになっています。こうすることで、「中低速」のはがねポケモン達の上から身代わりを貼って変化技を透かすことができます。

・技構成

上には悪波放射毒身代と書いてありますが、正直毒々の枠は自由です。そもそもはがねタイプを役割対象にしているにもかかわらず毒々を採用するのは気持ち悪いかもしれません。毒々を採用するメリットとしては、ポリ2やクレセリア等のはがね以外の受けポケモンを機能停止にさせて裏のエースを通すサポートができたり、竜技が無いと知って起点にしようと後出しされるマンダにも刺さります。もしヒードランを重く見るなら、毒を切って地震に変えるのも十分アリだと思います(A個体値31でも穏やかならビーストブーストに影響無し)。というか地震が無いと多分毒ドランには勝てません()。悪の波動はタイプ一致の安定技、火炎放射は命中安定でナットカグヤムドーへの打点、身代わりはこの考察のテーマになる技なので、毒々以外はほぼ確定だと思います。

・対テッカグヤ

テッカグヤは、今回役割対象にするポケモンの中で一番ビミョいです。このアクジキングはS実数値92ですが、それより速いテッカグヤはたくさんいます。性格は、腕白が20.3%、呑気が18.7%、控えめが13.3%、慎重が8.2%、臆病が8.1%の順で多いです。注意すべきは13.3%の控えめと8.1%の臆病、合わせて21.4%のカグヤはS実数値が92より高い可能性が十分にあります。というか多分ほとんど抜かれます。ただし、そのようなカグヤはランドバシャカグヤやウツロバシャカグヤといった有名な並びであることが多いので、選出時に確認しましょう。

サザンドラとの差別点

アクジキングを使う上で避けて通れない道はここであり、アクジキングがレートで使われない理由の大きな1つがここにあるでしょう。「アクジを使うくらいならサザンで事足りてる」多くの人がこう言うでしょう。たしかにサザンにも、今回のアクジと同じ技構成は可能で、アクジの覚えない挑発羽休めといった優秀な技を覚え、アクジより火力があります。そして何よりアクジにとってネックだった素早さも、98あります。ここまで書いてる自分でさえ、「それ、サザンでよくない?w」とワイシャツのボタンを3つくらい開けて呟きそうになります。ですがアクジにも、サザンとの明確ではない差別点があります。

サザンドラのイメージとしては、眼鏡やスカーフ持ちが多くタイプ一致の悪竜に加えて地炎鋼水闘などの広い技範囲を持っている。といった感じでしょう。大事なのは「眼鏡持ち」と「炎技」のイメージがあることです。たとえばサザンナット対面、ナットは居座りますか?炎技を警戒して引く、もしくは守って様子見をしますよね。サザンカグヤ対面にも同じことが言えます。サザンドラン対面も、炎技を大地の力に置き換えて同じことが言えます。対してアクジはどうでしょう。アクジを使う側の体感ですが、カグヤやナットはまず引いてきません。むしろ後出しされるレベルです。ずっしりした見た目から物理型が想像されやすいんでしょうか。また、いくらアクジを知らない人でもアクジの特徴として「HPがめっちゃ高い」ということくらいは知ってるでしょう。HPがめっちゃ高くて有効打がなさそうなポケモンがいたら、ナットカグヤは守って様子見するか宿り木を撃つでしょう。実際アクジに宿り木を当てられるとナットは5分の1くらい回復します。まあどちらにせよ、身代わりが刺さります。これがサザンとの差別点として1つあります。

そしてもう1つは、遅いカグヤを完封できる点。テッカグヤのウェポンとしてよく採用されるヘビーボンバーは、重さ依存の技です。アクジキングは888㎏もあるデブなので、テッカグヤヘビーボンバーの威力は40になります。あとで紹介しますが、これを受けても身代わりが割れませんサザンドラの場合は、威力が100になり、身代わりは余裕で粉砕されます。つまりテッカグヤの上から身代わりを貼ってしまえば、宿り木を無効化できるだけでなくメインウェポンでも身代わりが割れない、俗に言う絶望完封という状況になります。これはサザンドラにはできない芸当です。

ということで長々書きましたが、これらがアクジとサザンの差別点となります。

・ビーストブーストの為の個体値調整

ビーストブーストでDを上げる為にC個体値を25にしています。Dが上がれば相当固くなりますし、そもそもこの型に火力は求めていないのでCが上がってもメリットがありません。ブーストによって生じるメリットも、実数値も、C<Dというわけです。

 

ダメージ計算

・被ダメ

A121(無振り)カグヤ→ヘビーボンバー

 ダメージ: 37〜45
割合: 12.3%〜15%
回数: 乱数7発

身代わり〇

 

C127(無振り)カグヤ→エアスラッシュ

ダメージ: 48〜57
割合: 16%〜19%
回数: 乱数6発

身代わり〇

 

C159(無補正252振り)カグヤ→エアスラッシュ

ダメージ: 58〜70
割合: 19.3%〜23.3%
回数: 乱数5発

身代わり〇 

 

C174(特化)カグヤ→エアスラッシュ

ダメージ: 64〜76
割合: 21.3%〜25.3%
回数: 乱数4発

身代わり〇

 

A114(無振り)ナット→ジャイロボール

ダメージ: 91〜108
割合: 30.3%〜36%
回数: 乱数3発 (38.1%)

 

C170(無振り)ガルド→シャドーボール

ダメージ: 33〜40
割合: 11%〜13.3%
回数: 乱数8発

身代わり〇

 

C222(特化)ガルド→シャドーボール

ダメージ: 43〜51
割合: 14.3%〜17%
回数: 乱数6発

身代わり〇

 

C222(特化)ガルド→ラスターカノン

ダメージ: 87〜103
割合: 29%〜34.3%
回数: 乱数3発 (3.5%)

 

C150(無振り)ドラン→噴煙

ダメージ: 29〜35
割合: 9.6%〜11.6%
回数: 乱数9発

身代わり〇

 

C150(無振り)ドラン→ラスターカノン

ダメージ: 58〜70
割合: 19.3%〜23.3%
回数: 乱数5発

身代わり〇

 

C150(無振り)ドラン→大地の力

ダメージ: 45〜53
割合: 15%〜17.6%
回数: 乱数6発

身代わり〇

 

C200(特化)ドラン→オーバーヒート

ダメージ: 63〜75
割合: 21%〜25%
回数: 乱数4発

身代わり〇

 

C200(特化)ドラン→ラスターカノン

ダメージ: 79〜94
割合: 26.3%〜31.3%
回数: 確定4発

 

C200(特化)ドラン→火炎放射

ダメージ: 44〜52
割合: 14.6%〜17.3%
回数: 乱数6発

身代わり〇

 

C200(特化)ドラン→大地の力

ダメージ: 59〜70
割合: 19.6%〜23.3%
回数: 乱数5発

身代わり〇

 

A100(無振り)ムドー→ドリルくちばし

ダメージ: 60〜72
割合: 20%〜24%
回数: 確定5発

身代わり〇

 

C95(無振り)クレセ→れいとうビーム

ダメージ: 56〜68
割合: 18.6%〜22.6%
回数: 乱数5発

身代わり〇

 

C125(無振り)ポリ2→れいとうビーム

ダメージ: 76〜90
割合: 25.3%〜30%
回数: 確定4発

 

C125(無振り)ポリ2→トライアタック

ダメージ: 51〜60
割合: 17%〜20%
回数: 乱数5発

身代わり〇

 

C172(特化)ポリ2→れいとうビーム

ダメージ: 102〜122
割合: 34%〜40.6%
回数: 確定3発

 

C172(特化)ポリ2→トライアタック

ダメージ: 67〜81
割合: 22.3%〜27%
回数: 乱数4発

 

・与ダメ

 

悪の波動→H167‐D222盾ガルド

ダメージ: 50〜60
割合: 29.9%〜35.9%
回数: 乱数3発 (11.5%)

 

悪の波動→H167‐D171盾ガルド

ダメージ: 62〜74
割合: 37.1%〜44.3%
回数: 確定3発

 

悪の波動→H167‐D112剣ガルド

ダメージ: 92〜110
割合: 55%〜65.8%
回数: 確定2発

 

悪の波動→H167‐D71剣ガルド

ダメージ: 146〜174
割合: 87.4%〜104.1%
回数: 乱数1発 (25%)

 

悪の波動→H193‐D173ドラン

ダメージ: 31〜37
割合: 16%〜19.1%
回数: 乱数6発

 

悪の波動→H198‐D126チョッキドラン

ダメージ: 28〜34
割合: 14.1%〜17.1%
回数: 乱数6発

 

悪の波動→H167‐D126ドラン

ダメージ: 42〜49
割合: 25.1%〜29.3%
回数: 確定4発

 

悪の波動→H198‐D126ドラン

ダメージ: 42〜49
割合: 21.2%〜24.7%
回数: 確定5発

 

悪の波動→H191‐D115輝石ポリ2

ダメージ: 31〜37
割合: 16.2%〜19.3%
回数: 乱数6発

 

悪の波動→H115‐D161輝石ポリ2

ダメージ: 22〜27
割合: 11.5%〜14.1%
回数: 乱数8発

 

火炎放射→H204‐D121カグヤ

ダメージ: 66〜78
割合: 32.3%〜38.2%
回数: 乱数3発 (95.2%)

 

火炎放射→H204‐D168カグヤ

ダメージ: 46〜56
割合: 22.5%〜27.4%
回数: 乱数4発

 

火炎放射→H204‐D121チョッキカグヤ

ダメージ: 44〜52
割合: 21.5%〜25.4%
回数: 乱数4発

 

火炎放射→H181‐D136ナット

ダメージ: 116〜140
割合: 64%〜77.3%
回数: 確定2発

 

火炎放射→H181‐D184ナット

ダメージ: 88〜104
割合: 48.6%〜57.4%
回数: 乱数2発 (81.3%)

 

火炎放射→H172‐D90ムドー

ダメージ: 88〜104
割合: 51.1%〜60.4%
回数: 確定2発

 

地震→H193‐B126ドラン

ダメージ: 132〜156
割合: 68.3%〜80.8%
回数: 確定2発

 

地震→H167‐B126ドラン

ダメージ: 132〜156
割合: 79%〜93.4%
回数: 確定2発

 

役割対象

仮想敵:f:id:ninzen1031:20180902215131p:plainf:id:ninzen1031:20180902215127p:plainf:id:ninzen1031:20180902215109p:plainf:id:ninzen1031:20180902215209p:plain

毒採用の場合勝てる:f:id:ninzen1031:20180903000055p:plainf:id:ninzen1031:20180903000245p:plain、低速受けポケモン

地震採用の場合勝てる:f:id:ninzen1031:20180902215123p:plainf:id:ninzen1031:20180903000348p:plainf:id:ninzen1031:20180903000819p:plain

そもそも有利:霊全般(ミミッキュを除く)、超全般(テテフ等を除く)

 

まとめ

役割対象をざっと見ると分かるように、フェアリーポケモンに対して出てきがちなポケモンに強く出られる型です。ミミッキュ等、裏にフェアリーのエースを控えさせてPTを組めばそこそこには活躍できるんじゃないかと思っています。そもそもアクジの個体値をわざわざ調整してわざわざ厳選するような暇人いn…僕がいます。

 

ここまで読んでくださいありがとうございます!もし質問意見主張文句悪口などあれば、なんなりとお申し付けください。


Twitter→@ninzen_daisuko

第2回スライス杯のお知らせ~種族値の暴力に友を56された男~

f:id:ninzen1031:20180811132437j:plain

ごちゃごちゃ(^-^;(サムネ用)

 

 

1.はじめに

どうも、どうも、にんぜんです( ´∀` )

これまではスマホで記事を書いていたんですが、PCでログインしたらこれまでのとは別のブログになっちゃいました。まあこれまで記事なんて3つしか書いてないし、これからはこれになります('ω')

最近暑かったり雨が降ったり大変ですね。みなさんいかがお過ごしでしょうか。僕は陽キャなので部屋に引きこもってポケモンしてます。今期は1900目指してます。それで、今日はタイトルの通り第2回スライス杯をやるよ~て話です。最後まで読んでくださるとありがたいです(*^-^*)

 

 

2.ルール

今年の3月25日に僕が開催した仲間大会「スライス杯」がありました。当時は初めての仲間大会ということもあってルールは特にありませんでしたが、今回は特別なルールを設けたいと思います。ルールは以下の2つ。あとそれと、使用可能ポケモンはレーティングバトルに準拠です。

 

・PT内の合計種族値を3000以下にする

・PT内のポケモンに可能な場合は必ずニックネームをつける

 

はい。一つずつ説明していきます。まず1つ目、「PT内の合計種族値を3000以下にする」はその通りです。つまりPTの平均種族値を下げて平和にしようてことです。一応区分として、メガシンカするポケモンメガシンカ後の種族値で計算することにします。

例①

f:id:ninzen1031:20180811124733p:plainf:id:ninzen1031:20180811124803p:plainf:id:ninzen1031:20180811124840p:plainf:id:ninzen1031:20180811124900p:plainf:id:ninzen1031:20180811124924p:plainf:id:ninzen1031:20180811125000p:plain

このPTは合計種族値が600+600+600+580+600+570=3550なので、参加することができません。ですが、合計を3000以下にする為にこの中から誰か一体を抜いて5体で参加するのも構いません

例②

f:id:ninzen1031:20180811125635p:plain
f:id:ninzen1031:20180811125657p:plain
f:id:ninzen1031:20180811125822p:plain
f:id:ninzen1031:20180811125845p:plain
f:id:ninzen1031:20180811125909p:plain
f:id:ninzen1031:20180811125926p:plain

このPTは合計種族値が320+318+309+314+290+305=1856なので、参加することはできます。こんなおもちゃポケモンだけでの参加も構いません

 

はい。そして2つ目、「PT内のポケモンに可能な場合は必ずニックネームをつける」もその通りです。レートと違って対戦相手のニックネームが表示されるのは仲間大会の特色のひとつだと思っているのでね。それにみなさんハイセンスですからね。他人産だったり過去作産だったりで付けられない場合は仕方ありませんが、そうでない場合は極力ニックネームを付けて参加してほしいです。みなさんのセンスに期待してますよ(*^-^*)

 

 

3.日程

8月25日(土) 20時00分~23時59分

割と誰でも参加しやすいように土曜日の夜を選びました。

 

と、考えていたんですが、どうやら他の方の仲間大会と被っていたみたいなので変更します!(戦略的撤退)

 

8月26日(日) 20時00分~23時59分

お間違いのないように。

 

 

4.景品

1位 お好きなポケモンの厳選育成代行(ニックネームは僕が勝手に付けて押し付けたいので指定不可)

 

2位 育成済みマッシブーン

 

3位 育成済みアクジキング

 

最下位 理想個体(A抜け5V)の砕ける鎧オムナイト

 

 

5.その他

ツイキャス等での配信はご自由に。

・仲間大会なので完全にルールで縛れているわけではありませんが、ルールの中で楽しくやりましょう。

・僕の規模で参加人数が集まるかわかりませんが、楽しくやっていきましょう!

 

6.大会URL&追記


3ds.pokemon-gl.com

ここからログインして参加できます。20人集まるかな。

 

追加で細かいルールも書き足します。

過去作産ポケモンも、再現の可不可に関わらず使用可能とします。

メテノヨワシのようにフォルムチェンジで種族値が変わるポケモンは、場に出た状態での種族値で計算することとします。(この場合メテノ種族値は440、ヨワシは175)

・意図せずとも、もしルール違反(合計種族値3000オーバー等)があった場合、ヤワソフト罰ゲームを受けてもらいます。怖い怖い。

 

拙い文章ですが読んでいただきありがとうございます!(^^)!

もし、何かわからないことや、質問意見主張文句悪口などあれば、なんなりとお申し付けください。

Twitter@ninzen_daisuko